本文へ移動

高気密・高断熱で快適な住まい

イニシャル&ランニングコストを抑えた、家計に優しい省エネ住宅

年、気候変動の猛威は増すばかりです。冬の寒さだけでなく、これからは40℃に迫る、夏の酷暑にも目を向けなくてはなりません。人類、そして子どもたちの未来のために、地球温暖化を防ぐ必要があります。そこで求められているのが、地球環境に優しい「高気密・高断熱住宅」、つまり「エネルギーをなるべく使わない住まい」です。

 

第一に、「消費するエネルギーを減らす」ことが重要です。家庭で消費するエネルギーとは、暖房・冷房・給湯・調理・家電などが挙げられます。特に気密・断熱性を強化することで夏冬の冷暖房による光熱費が大幅に削減できるだけでなく、冷暖房設備そのものを省けるようになり、最後はたった1台の低出力エアコンでの全館空調も可能となります。そうなれば初期の設備投資と維持管理コストも抑えられるのです。つまり、最初にかかる建築費の高い・安いではなく、一生涯、暮らすうえでのライフサイクルコストまで計算することが大切なのです。良い家に永く住むことこそエコであり、家計への負担も大きく軽減できるでしょう。

 

また、気密・断熱性を高めていくと、家全体の温度差も少なくなります。寒さの厳しい冬に、足下からポカポカする、脱衣室まで暖かい。こういった家に暮らすことで体への負担も減り、ひいては健康寿命の向上につながることが、近年の研究で分かってきました。

群栄美装が考える高気密・高断熱住宅とは?

➀気密施工の重要性

しっかりとした気密性能は、快適な住まいを実現するための基本中の基本です。

 

POINT 1】断熱性能が、本来の力を発揮するための大前提

気密施工をしていない住まいは、壁の内部を煙突のように暖気が抜けていくため、熱のロスが起こります。

 

POINT 2】壁体内結露の防止

壁の内部に水蒸気が入り込み、それが冷やされると結露が発生し、木材を腐らせます。気密層は湿気を止める層としても働くため、壁の内部に水蒸気が入ることを防いでくれます。また、より確実に結露の発生を防止するために「結露計算」も行っています。

 

POINT 3】換気計画が正常に働くため

隙間の大きい住まいは、換気扇を回しても負圧が働かず、吸気と排気がうまくいきません。淀んだ空気の箇所が生じ、カビ・ダニの発生原因となります。

 

群栄美装では、北海道と同等の気密施工を実施することで、群馬県でも充分に快適な暖かさが感じられる住まいをご提案しています。

②3ランク上の断熱性能

 「仮に断熱性が悪くても、死んだりしないよね」

果たして、本当にそうでしょうか。「ヒートショック」という言葉を聞いたことがある方も、多いかと思います。ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い部屋に移動したときの急激な温度変化が体に及ぼす影響を言います。浴室や脱衣室、廊下。もっと言えば、布団の中と外。このヒートショックを原因とする年間の死者数は、交通事故による死者数の約5倍にも及ぶという統計結果も出ているほどです。

 

このヒートショックを防ぐには、家中の温度差をなくす必要があります。しかし、全ての部屋に暖房器具を置いて全館暖房を目指すのでは、膨大な設置費用に加えて、月々の光熱費も大きく家計を圧迫してしまうでしょう。つまり、理想は「最小の設備、最小のエネルギーで全館暖房を実現すること」です。

 

群栄美装では、超高断熱仕様と床下暖房により、たったエアコン1台で経済的に全館暖房できる家づくりを実践しています。

 

○基本性能

Ua値(外皮平均熱還流率)=平均値0.350.4 

C値(相当隙間面積)=平均値0.30.5 

Q値(熱損失係数)=平均値1.01.3

③断熱材について

壁…セルロースファイバー120mm

桁上・屋根…セルロースファイバー300mm

基礎断熱…ネオマフォーム60mm(基礎内側)

 

木造住宅の場合、柱の厚みのぶんだけ壁の中は空いており、そこをムダなく断熱材を充填することが合理的です。群栄美装が標準仕様としているセルロースファイバーは新聞紙をリサイクルした、人や環境に優しい天然繊維の断熱材。高い断熱性能だけでなく、調湿・防音・防火・防腐・保温効果に優れており、長期間に渡って安定した高性能住宅を実現してくれます。

④全熱交換換気型換気扇を標準装備

1.冷暖房費の削減

 排出する空気の熱をムダなく換気するため、夏冬の冷暖房費を抑え、光熱費を節約することが可能です。第3種換気と比較しても、年間の冷暖房費を大幅に削減できるでしょう。

 

2.冬の過乾燥と夏の多湿化を防ぐ

 冬の場合、全熱交換で排気する湿度(室内空気中の水分)の約65%を回収するため、室内が乾燥しにくくなります。一方、夏はその逆で、外気の水分を取り除くため、室内が多湿化するのを防いでくれます。

 

3.空気の清浄化

 花粉も除去できる外気清浄フィルターを取り入れています。外気の埃はもちろん、花粉を80%以上もカットできるため、いつでも室内の空気を清浄に保ちます。

 

⑤樹脂サッシ

 APW330430

南側ペアガラス・北西東側トリプルガラス

YKK AP製品

 

一般的な住宅の場合、熱の多くは窓から逃げていきます。断熱を確認するうえで、窓の性能の良し悪しを検討することは、非常に重要です。群栄美装では全てに樹脂サッシを採用することで結露の発生を防ぎ、陽当たりの良い南側はペアガラス、それ以外の北西東側はトリプルガラスを使用しています。

⑥日射遮蔽・日射取得

 日射遮蔽・日射取得は、高性能住宅になればなるほど、その影響力を増していきます。冬の日射を取り入れるべく南面の開口部を広く取り、夏は軒が日射を遮りつつ、爽やかな風の通り道を作るパッシブ設計を施します。自然エネルギーを最大限に活用し、可能な限り燃料に頼らない生活を送ることも、これからの高気密・高断熱住宅に求められています。

株式会社群栄美装
〒379-2131
群馬県前橋市西善町259番地7
TEL:027-266-9014
FAX:027-266-8116

木造注文住宅の設計・施工
木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の
建築物の設計・施工

0
1
5
0
9
6
TOPへ戻る